本文へスキップ

 岡山市・倉敷市・玉野市早島町を中心に岡山県南全域に対応

TEL086-296-7748

岡山市南区藤田   月〜金 9〜19時

家族全員でダニを予防しようアトピー ぜんそく アレルギー

ダニとアレルゲンについて

子供がいるとダニについて神経質になっているお母さんも多いと思います。

ダニとアレルゲンについて皆さんご存知ですか?

アレルギーの原因の物質をアレルゲンと言います。
ダニは、アトピーやぜんそくに良くない事は有名です。

ダニに噛まれると痒くなりますが、ダニに噛まれて、アトピーやぜんそくが悪化するのではないのです。








ダニとぜんそく

ぜんそくを悪化させる原因は、生きているダニではなく、死んだダニとダニのフンだと言われています。ダニは、死ぬと粉々になります。
このダニの死骸やフンが空中に飛散し、それを吸い込むことによって体の中にアレルゲンが入ってしまいます。
噛まれたからと言ってぜんそくが悪化するのではないそうです。
ですから、生きているダニ以外にもダニの死骸やフンもしっかり処理しないと意味がありません。


ダニとアトピー

ダニは、アトピー性皮膚炎を悪化させる一因ですから注意が必要です。。


ダニと鼻炎 / 結膜炎

ダニの死骸やフンがアレルゲンとして、目で反応を起こすとアレルギー性結膜炎、鼻だとアレルギー性鼻炎となります。


ダニに咬まれて痒くなる

すべてのダニが人間を噛んで痒くなるのではありません。
おもにツメダニが人間を噛んで痒くなります。


ダニは家の中のどこに居て、どんな生活をしているのか

ダニは、基本的に家の中のどこにでも居ます。
これを日常生活でゼロにする事は不可能です。

ダニを増やさないことが重要なのです。

ダニのエサは、有機物です。
人間の食べこぼした食事のカスや髪の毛、フケ、お父さんの足の裏の油、虫の死骸、カビ等々なんでもエサになります。ダニのフンや死骸も食べます。

高温多湿を好みますので、湿気が多く暖かい部屋が大好きです。しかもカビっぽいとエサまで存在し、そこがじゅうたんや畳だと住みやすい天国のような状態です。

一般家庭の通常レベルで、100匹/1u(ダニアレルゲンレベル)です。
100匹より多い値が出ると、ダニの多い家庭となります。


ダニを増やすもの

汚い家が一番ダニを増やしてしまいます!

汚い家には、ダニの隠れる場所が沢山あります。
汚い家には、ダニのエサが沢山あります。
汚い家には、ダニ以外の害虫もたくさん増えてしまします。

まずは、汚い家をきれいにする事が、ダニを減らす大前提です!

【掃除のし難い家具】
掃除のしにくい場所には、ほこりが溜まりダニの住処となってしまします。
掃除のし難い家具などは、ダニを減らすには不向きです。

【カーペット・布製のソファー・畳】
ダニを増やす原因となります。じゅうたんは、掃除機で吸引してもかなりのダニが残るのでお勧めできません。

【ペット・魚】
残念なことに可愛いペットがダニを増やす原因となってしまいます。猫や犬、小鳥の毛もダニのエサとなります。魚の水槽も掃除が出来ていないとカビの原因となる事があります。

【観葉植物】
植物の葉は掃除がし難くホコリが溜まる原因になります。鉢の下の皿に溜まった水も環境としてはよくありません。

【ソバガラの枕 / 羽毛布団 / ウールの毛布】
ダニが住みやすい寝具です。

【小麦粉 / お菓子用ミックス粉 / 穀物 / 乾燥魚類】
常温で封を開けたままにしておくと、コナダニの格好の住処になってしまします。コナダニは他のダニのエサとなり、アレルゲンの元となるダニを増やしてしますのでますので、しっかり予防をしてください。

【湿気・カビ】
湿度が高いとカビの発生の原因になります。ダニはカビをエサにしますので、カビを発生させないことが、ダニを増やさない事につながります。お風呂・脱衣所・トイレ・台所等水回りに注意が必要です。

【ゴキブリ】
ゴキブリの出すフンや死骸、脱皮後の殻は、有機物ですのでダニのエサとなってしまいます。ゴキブリの死骸やフンはハウスダストですので、ハウスダストが原因のアレルギーには注意が必要です。また、ゴキブリの体にはサルモネラ菌、コレラ菌、赤痢菌、大腸菌等が付着している可能性があるので、食中毒の予防としても、ゴキブリの出ない環境を維持しましょう。

【ネズミ】
ネズミにはイエダニが寄生しています。ネズミが居るということは、そこにはイエダニも居ます。
イエダニに噛まれると、とても痒くなります。
ネズミが居るという事は、百害あって一利なしです。

【ハト・野鳥】
ワクモというダニが寄生している場合があり、これに刺されるととても痒いです。
また、ハトのフンが乾燥し空気中に舞い、それを吸い込む事によりアレルゲンの原因になるとも言われています。


家庭で出来るダニ対策

一番は、徹底的な掃除です!
キレイな家が、一番の対策です。
部屋の隅々まで掃除がしやすいように、家具の種類、配置を考えてください。

畳やじゅうたん、カーペットはダニが増えやすいので、掃除がしやすいフローリングに変更することも一案です。


掃除について

ほこりの付着しやすいものが、ダニの増える物になります。
<一例>
カーテン
掃除のし難い家具
その他掃除のし難いもの

【掃除の仕方】
ゆくり時間をかけホコリを吸い取ってください。これを続け1uあたり100匹を目指してください。

掃除機の後は水ぶきがお勧めです。

カーテンは洗濯の出来るものを選んで、汚れたら洗濯してください。または、安いものをこまめに買い替える事をお勧めします。

【掃除機の種類】
気管支に入り悪さをする粒子の大きさは数ミクロンと言われているので、フィルター性能が1ミクロン以下のものを選ぶとよいと思います。
吸い込み仕事率の高い掃除機だと吸い込んだショックによりダニを殺すことが出来るそうです。掃除機を購入するときには、吸い込み率とフィルター性能を見てから買う事をお勧めします。

毛足が長いカーペット等は、掃除機をかけてもダニの死骸やフンは吸引しますが、多くの生きたダニは、毛にしがみついて吸い取れないらしいので、注意が必要です。


寝具等について

ダニのフンは水で落ちますので、こまめに洗濯をしてください。
寝具は、洗濯の出来るものを選び、こまめな洗濯をお勧めします。

ただし、洗濯してもかなりの数のダニが生きたままらしいので、ダニを殺すために定期的に寝具を布団乾燥機等にかけて高温にしてダニを殺してください。

ダニが増えやすい羽毛布団やウールの毛布はお勧めできません。

ダニは高温多湿な環境が好きなので、天日等に干して湿気を抜きます。しまう時にしっかりダニのフンやホコリを落としてください。余裕があるなら最後に掃除機をかけてください。

布団の場合、表面に比べて内部に多くダニがいます。天日干しの場合、黒い布等で内部の温度を上げる努力をしてみてください。
内部まで60度以上になるようにして下さい。

布団よりベットがお勧めです。上手にベットを選ぶと湿気がこもり難くホコリも舞い上がりにくいと思います。
ただし、マットレスは清潔にするように心がけてください。

布団の場合、上げ下ろしをするとホコリが舞い上がるので、ぜんそくの方の布団の上げ下ろしは注意が必要です。
また、布団をしまう押入れの中の湿度にも気を付けて下さい。布団に気を使っていても、押入れの中にダニが多いと意味がありません。

ダニ用の防ダニ寝具を使うのも一つの手段です。高密度繊維で出来た物だと、ダニと同時にぜんそくの原因であるホコリも出にくいです。

枕は、ソバガラや羽毛はダニが付きやすいのでお勧めできません。洗える枕かパイプ枕が安心だと思います。

※ダニの除去は、家族全員の寝具で行ってください。一人だけの寝具で対策しても、効果が薄まります。


その他の対策

【湿気対策】
ダニは高温多湿を好み乾燥と低温に弱いです。

冬の乾燥時期に、暖かい部屋で加湿器により湿度を上げるとダニの増える原因になりますので、適度な湿度を保つようにしてくだい。

結露等に気を付けてください。カビを減らせば、カビをエサにするダニの発生も抑えられます。

【食事場所】
ダニは、食べ物のカスをエサにしています。食べる場所は、掃除のしやすいフローリングの上に置いたテーブルにし、そこ以外での飲食をしない事、飲食をした後はこまめに掃除をする事でダニの発生を防ぐことになります。
食べこぼしをそのままにする事は、やまめしょう。


ダニの種類

ダニは高温多湿になると増加します。夏季が多くなります。温度が低くなる冬季は比較的ダニが少なくなりますが、暖房等により冬でもダニに快適な環境を保つ可能性があります。
家屋に居るダニのほとんどはチリダニになります。


チリダニ

アレルゲンの原因になります。畳や衣服、寝具、カーペット、押入れ等、室内の大部分に潜んでいます。


イエダニ

刺される場合もあります。基本的にネズミに寄生しています。もし、天井裏にネズミの巣がある場合、いくら床を掃除しても天井から降ってきます。


ツメダニ

刺されるとかゆみが10日程続きます。


マダニ

野生動物に寄生しています。吸血し、その後の合併症でごくまれに人間も死にいたる可能性があります。


ワクモ

ハトや野鳥に寄生しており、刺されるととても痒い。ハトが沢山いる場所には、注意が必要です。


ヒゼンダニ

このダニが皮膚に住むと疥癬という皮膚病をおこし、とても痒く、人から人へ広まっていきます。


ダニの数の調査

ダニについてのご相談で多いのが、ダニの数の調査です。小さなお子供、妊婦さん、赤ちゃんが生まれた、体が痒い等、調査の理由は様々です。

調査方法は、気になる箇所の1uの範囲をサンプリングとし、その範囲のゴミをダニと一緒にを吸引します。そのゴミの中に含まれるダニアレルゲンレベルを計測し、ダニの数を判定します。

この調査の利点は、すぐ検査結果がわかる事です。

私たちでは、
ダニ簡易捕獲調査を9800円で行っています。

1つの建物でお好きな場所 5箇所検査します。
(寝室・居間・子供部屋・じゅーたん・布団・ベット・布製ソファー等々からお好きな場所5箇所)

捕獲と検査で約30分ほどで、その場ですぐに結果が分かります。
気になる方は、一度お電話ください。
※調査区域は、岡山県南地域限定です


ダニの駆除

ダニの駆除をする場合、必ずダニの数を調査してからおこないます。体が痒い=すべてがダニに刺されたからというわけではないからです。
駆除には、小さな子供でも施工後数時間で入室できるような低毒性で安全な物を使っておりますが、より安全を重視し、妊婦、赤ちゃん、小さな子供、アレルギー体質のお子様が居る家庭でのダニの駆除の場合、その方が留守の時に駆除ができるようにご相談をしております。

例えば、お父さんはお留守番でお母さんと子供たちで旅行に行く、修学旅行、入院、引っ越し等の場合は入居前の施工をお勧めします。。

その様な時期に駆除を行い、その後はご家族の皆様で死んだダニを掃除機や水ぶきで徹底的に掃除してもらい、アレルゲンを減らす努力をし、それから自宅へ戻ってもらっております。

※ペットの場合は、12時間程度の入室は出来ないと思ってください。


駆除料金

部屋の大きさや家具等により施工の時間や値段が変わりますが、だいたいの値段の目安です。

一軒家  5DK 4万3000円〜

【一般家庭用おすすめプラン ダニ・ゴキブリ】
<駆除前調査>
目視・捕獲器による調査
<駆除>
@台所の流し台の下へ薬剤の散布
A空間噴霧(1部屋)
Bベイト剤(毒エサ)

セット 3万5000円〜 


駆除後のお願い

せっかくダニを駆除しアレルゲン減らしたので、それを維持する努力をしてください。
汚い部屋のダニを殺しても、部屋が汚いままではまたダニが増えてしまします。

ダニの駆除と同時に、なぜダニが増えたのかその原因を考え、ダニの増える原因を根本から改善する努力を私たちと一緒に頑張っていきましょう。


参考文献

・小児ぜんそくを治す本 山本 敦著 主婦と生活社
・あなたのアレルギーは必ず治る 近藤 敏著 ナツメ社
・アトピーっ子の生活元気絵本 戸田 淨著 講談社
・アトピーに負けない生活術 岡山つくしっ子編 きびと出版
・害虫の科学的退治法 宮本 拓海著 Softbank Creative
・害虫追い出し百科 西川 勢津子 吉川 翠著 近代文芸社
・びっくり害虫図鑑 山岡亮平 塩田 恒三著 創英社 三省堂書店
・ネズミと害虫退治の科学 中井 多喜雄著 B&Tブックス 日刊工業新聞
・暮らしの害虫 社団法人 全国消費生活相談員協会
・害虫とカビから住まいを守る 神山幸弘 山野勝次著
 















shop info店舗情報

あい防虫

〒701-0221
岡山市南区藤田564-163
TEL.086-296-7748
FAX.086-296-7774
岡山県29ね第112号
     ※提示価格は税別です。
  定休日
  日曜・祝日・お盆期間・年末年始