本文へスキップ

 岡山市・倉敷市・玉野市早島町を中心に岡山県南全域に対応

TEL086-296-7748

岡山市南区藤田   月〜金 9〜19時

ネズミクマネズミ ドブネズミ ハツカネズミ

駆除期間

【ドブネズミ】  駆除期間 1か月

【ハツカネズミ】 駆除期間 3か月

【クマネズミ】  駆除期間 5か月

※ネズミの被害は、侵入経路、発生場所、被害の規模で駆除の方法が異なります。まずは、被害の状況を確認して、お客様と一緒に駆除の方法や期間、費用等を話し合って決めています。一度ご連絡ください。



ネズミの被害

屋根裏をネズミが走っている
厨房にネズミのフンがある

ネズミの相談は、飲食店を中心に一般家庭でもとても多いです。

ネズミの駆除は、他の害虫に比べ とても根気が必要です。

ネズミが発生した場合、
@建物に巣があり、食事、繁殖まで建物内で行っている
A建物に巣があり、食事は別の場所で行っている
B建物に巣がないが、食事だけしている

以上3つのどの状態なのか建物と発生しているネズミの関係性を判断しなければいけません。

大きな建物の場合、地下の飲食店がネズミの食事場所になり、上層階のテナントへ広く分布している場合があります。その場合、大きな意味では建物は、巣があり食事、繁殖場所となります。
しかし、地下の飲食店だけを見れば食事場所となり、上層階のテナントは巣があり繁殖場所になります。
個別の対応をするのであれば、テナントはネズミの巣を駆除し侵入出来ないような防除策を行います。
しかし、地下の飲食店がネズミの食事場所である限り、テナントはネズミによる被害のリスクにいつもさらされてしまいます。

ネズミの被害の代表的なもの
【衛生的な被害】
サルモネラ菌等による食中毒の被害

【異物混入の被害】
フンによる異物混入の被害

【物理的な被害】
ネズミが物をかじる事による被害。
食品や建物だけではなく電線やケーブルの断線による二次的被害も考えられます。

【風評被害】
ネズミの発生=汚い等の風評被害

【悪臭被害】
フンや尿による臭いの被害と、毒エサ等で死んだネズミが腐って出る臭いの被害があります。

【その他の害虫の繁殖被害】
ネズミに寄生するイエダニに刺されると痒みが出ます。ノミも寄生しています。毒エサ等で死んだネズミは、早いと1週間ほどでウジがわき、ハエの発生の原因になります。


岡山県で発生する家ネズミの種類と生態

クマネズミ、ドブネズミ、ハツカネズミの3種類が主になります。

クマネズミが屋根裏やビルの高層階に住んでいることに比べて、ドブネズミは地下や湿気の多いところに住んでいる率が多いです。ハツカネズミは、農家や地方の山間部に多いです。

人間の生活に密着したネズミは人間の食べ残しを食べながら生活しています。

ネズミの被害が出た時には、まずはネズミの種類を特定しなければいけません。


クマネズミ 運動能力が高い 

運動能力が高く、壁の中を駆け上がったりと縦方向にも移動します。
警戒心が強く駆除にとても時間がかかります。
仲間が罠によって捕まったり毒エサによって死亡すると、学習してしまい、仲間のネズミが罠等に捕まらなくなります。
行動範囲は50〜100メートルと思われています。
種子・穀類・果実を好んで食べます。


ドブネズミ 泳ぎがとても得意です。

泳ぎが得意で、潜水もします。下水から排管の中を泳ぎ侵入しトイレから出てきたりもします。
湿度の高い場所を好み、寒さに強く、エサを貯蔵する事もあります。

タンパク質を好む傾向があります。


ハツカネズミ 小さな穴からも侵入します

たった1センチ強の穴があれば侵入してしまいますので、侵入ルートの遮断にはかなりの労力が必要です。
秋からの寒い期間に建物へ侵入する被害が増えます。

尿がとても臭いです。
飲み水がなくても長期間生き、種子・穀物を好みます。

(捕獲したハツカネズミ)


ネズミの種類の特定の方法

原始的ですが、フンを見て判断するのが一番確実だと思います。

  

駆除方法

ネズミの種類を特定したら、次にラットサインと言われるネズミの通り道を見つけ巣と食事場所を特定します。

その後、ネズミの侵入を防ぐ物理的な方法、巣の撤去、毒エサや罠などによる直接的な駆除を併用して行う事で、効果的にネズミの被害を減らしていきます。


侵入経路の遮断

ネズミの侵入口を見つけ、まずはそこを塞ぐ処置をします。


捕獲器の設置

ネズミの歩き道をみつけそこに捕獲器を設置し直接ネズミを捕獲する場合と、エサ等により捕獲する場合があります。
クマネズミは特に警戒心が強いので、突然見知らぬ物(罠や毒エサ)があった場合、その罠で仲間のネズミが捕まると、それ以降罠を学習してしまい捕獲が困難になる場合があります。
 


毒エサの設置

毒エサを設置し、毒による駆除をします。
設置をする場合、ペットや小さなお子様、食品への誤混入に気をつけます。

クマネズミとドブネズミは、警戒心が強く初めて見るエサはなかなか食べてはくれません。もし食べても、仲間が死んだりして毒エサに警戒すると、その後その毒エサを食べなくなります。即効性の毒エサの場合、致死量前に食べるのをやめることもあるので、遅行性のエサを使いゆっくりと駆除することで、毒エサの学習を防ぎます。

ネズミはグルーミングという体をなめる行為をするので、毒の一部が体に付着すればグルーミングの時に体内へ毒を取り込むことになります。この習性を利用した毒エサもあります。

毒エサによる駆除は、ネズミが屋根裏等で死ぬ場合が考えられます。
気温が高い時期の毒エサの設置は、悪臭やハエの発生につながるので注意が必要です。


超音波による駆除

ネズミが嫌がる超音波を出す機器を設置し、人間の聞こえない音により駆除・防除する方法があります。
この場合、同じ周波数の音を出し続けているとネズミが慣れてしまうので、定期的に周波数を変更します。
毒エサを設置できない場所に設置します。
<デメリット>
安い機器は効果が薄く周波数を変えれない。業務用の物は周波数を変えれ効果が高いが値段も高い
他の動物(ペット)がいる場所では使えない
<メリット>
毒エサを設置できない場所に使える
一度機材を購入すれば、長く使える
機材の移動が容易
他の一部の動物の駆除にも効果が出る場合もある


天井裏のねずみ

天井裏をネズミが走り回る音がするという話はよく聞きます。
最近では断熱材の関係で、天井裏をネズミが走っても昔ほど音がしないとの事なので、些細な音にも注意してください。

また、天井裏の音ではネズミ以外にコウモリも考えられます。コウモリは、夕方〜夜にかけて飛び出していきます。その時に音を出すこともあります。ネズミだと思って天井裏に入ってみると、コウモリだったという事も考えられるんです。

フンが落ちている場合、そのフンを軽くつぶしてください。
見た目はクマネズミのフンと同じようですが、コウモリは昆虫をエサにしていますので、フンはパサパサしているので簡単に粉々になります。

ネズミのフンは、粉々にならず潰れます。















shop info店舗情報

あい防虫

〒701-0221
岡山市南区藤田564-163
TEL.086-296-7748
FAX.086-296-7774
岡山県29ね第112号
     ※提示価格は税別です。
  定休日
  日曜・祝日・お盆期間・年末年始